「中国古代星図の年代推定の研究」
の発表について



 2017年11月発行の日本数学史学会の会誌「数学史研究」の228号(2017年8月〜11月号)にて以下の論説を発表しました。その中で土御門家に伝わった星図『格子月進図』の原図作製推定時期を唐・太宗期(AD626-649)としました。以下はその概要とまとめです。

【題名】 中国古代星図の年代推定の研究
【副題】 初唐の星座の姿を伝える最古の星図『格子月進図
【概要】
 これまでの中国古代星図の年代推定は28宿の赤道宿度や同定した現代の星との誤差が歳差により最小になる年代を求めることで行われてきた。これらの方法は星図に使用されている「星表の観測年代」から推定する方法である。しかし、28宿の赤道宿度は同じ値が長く使われ漢代の値が改訂されたのは唐代や宋代になってからである。また、星表も漢代や晋代に測定されたものが唐代でも使われている。従って現状の方法による年代推定では「漢代」や「晋代」との結果しか得られていない。このように、同じ星表が長く使われていた中国古代の状況では星図が実際に描かれた年代、例えば唐代のいつごろかの推定は「星表の観測年代」による方法では原理的にできない。
 本稿で提案する年代推定方法は、これまでの星の位置を元にした1次元の情報による推定方法ではなく、個々の星図に描かれている星座の形、位置関係や名称などの多次元の情報をもとにした比較年代推定法である。この方法ではたとえ複数の星図が同じ星表を使用していたとしても個々の星図が持つ固有の情報を利用した年代推定が可能となる。

【各古代星図の推定根拠の詳細】 (略:論説参照)

【各星図の制作年代推定のまとめ】
 原図の推定年代をまとめると以下の順序となる。
 『格子月進図』 ⇒(開元占経)⇒『敦煌星図』 ⇒『天象列次分野之図』⇒(唐歩天歌)⇒『蘇頌星図』
  この中で『唐歩天歌』の成立はその名前から唐時代と考えられ、それぞれの変化に50年から100年を
 要したと仮定するとおおよその制作年代は以下と推定される。
 1)格子月進図』 : 唐・太宗期(626-649)
 2)(開元占経): 唐・開元年間(713-741)
 3)『敦煌星図』 : 唐中期(800年頃)
 4)『天象列次分野之図』 : 唐後期(850-900年頃)
 5)(唐歩天歌): 唐末期(900年頃)
 上記の推定年代は各星図の原図が作成されたと考えられる年代。

【『格子月進図』の日本への伝来時期】
 年代推定により『月進図』が唐において最新の星図であったのは7世紀から8世紀と推定され、『月進図』の原図は避諱の状況からその初期に日本に伝来したものと考えられる。伝来ルートとしては遣唐使や天武・持統時代に頻繁に往来していた遣新羅使が考えられる。例えば李淳風により編纂され唐の麟徳年間(664-665)から施行された『麟徳暦』は、674年には新羅に伝わり、日本でも690年より『元嘉暦』と伴に『儀鳳暦』として併用された。『月進図』もこれに前後して日本に伝来したと思われる。また、天智天皇の漏刻導入時期とも重なる。

【『月進図』と『キトラ天文図』との関係】
 『キトラ天文図』は北極を中心とした円形図なのでその原図も円形図であったと考えられる。従って『月進図』は『キトラ天文図』の直接的な原図ではない。『月進図』を円形に描いた星図が他に存在しそれが『キトラ天文図』の原図になったと考えられる。
 『月進図』には283星座1464星が描かれているとされるが、『キトラ天文図』は74星座350星程度しか描かれていない。しかし『キトラ天文図』も円形の描画域を隙間はあるがほぼ埋めているので、一つの星座は実際の2〜3倍の大きさで描かれていることになる。従って『キトラ天文図』は天文用の星図ではなく壁画用にデザインされた装飾天文図ということになる。そのため「庫楼」「騎官」「積卒」などの星座は元の形を留めていない。
 『キトラ天文図』の28宿の距星の位置は比較的合っているので、下図の作成手順としてはまず北極付近の重要星座と28宿の星座で約半分の描画域を描いた後に、空いた部分を特長のある星座で埋めて描いたと考える。従って星図の基本は北極と28宿を描いた高松塚古墳の星宿図と同じである。また『キトラ天文図』の「翼宿」と「張宿」の位置の違いは石室での描画時の取り違いとされるが、現状の「張宿」に「翼宿」の上下の星列を加えたら、下部の星列が外規(外円)をはみ出してしまうので、下図作成の時点でデザイン性から置き換えられていたと考えられる。「九州殊口」(筆者は「天苑」と考える)や「天倉」、「天庚」、「鉄鎖」周辺の位置関係の違いも同様と考える。その他黄道の反転を含め『キトラ天文図』ではその用途から天文学的な正確性はあまり求められていない。この下図は他の壁画の下図と伴に唐でデザインされた図(粉本)が日本に持ち込まれたものと考えられる。

以上

 注:掲載された数学史研究(228号)は国会図書館で複写請求できます。(2017/12/28確認)


2017/12/28 国会図書館を追記
2017/12/08 掲載

Copyright(C) 2017 Shinobu Takesako
All rights reserved