『格子月進図』の星位置データの読み取りについて



     

      『格子月進図』は戦前の空襲で焼失したため現在は写真版でしか残っていない。またその中で房宿から斗宿にかけては写真のピントのせいか原紙が薄くて読みづらいが、薄れた文字を上書きしてあることもあり全然読めない状態ではない。例として房宿、心宿、尾宿の部分を以下に添付する。赤い星は各星宿の距星である。

     中村士著「古代の星空を読み解く」東京大学出版会(2018)p.163では「去極度の測定は、写真が不鮮明だったり距星が同定できなかったりしたため、年代推定に利用できた星の数は21個だった。」としているが、下記写真で分かるようにどの距星も特定できないほど不鮮明ではない。『格子月進図』は複製も発行されており、大崎正次「中国の星座の歴史」(1987)では、28宿の距星に加え、163星の同定が明確な星を使ってその位置データと最小二乗法での結果を発表している。 したがって、28個の距星のなかで7個も判別できず、21個しか利用できていないのは不思議である。その不完全なデータをもとにした計算結果から「「格子月進図」はその外見に反して,内容的にはキトラ星図と大差ないことが判明したことになる。」としているのは理解できない。計算に使用したデータが不完全であっただけである。

    ちなみに筆者や大崎正次「中国の星座の歴史」の計算結果と比較すると以下である。
    「古代の星空を読み解く」p.163 宿度:485±20年(90%信頼度 残差:0.8度)  去極度:545±90年(90%信頼度 残差:2.1度)
     筆者の計算値         宿度:464±52年(90%信頼度 残差:0.8度)  去極度:417±18年(90%信頼度 残差:1.2度)
     なお大崎正次「中国の星座の歴史」(1987)では距星の取り違いや去極度の読み方の違いがあるが以下となっている。
     「中国の星座の歴史」p.270  宿度:計算無し              去極度:319±58年(標準偏差  残差:1.22度)
                                         去極度:319±18年(90%信頼度 筆者が換算)
     「古代の星空を読み解く」p.163では偏差値の結果から宿度より去極度が不正確であることを問題にしているが、
     大崎正次と筆者の結果は同じく±18年である。また宿度も残差0.8度で±20年しかないのも不思議である。
     この計算結果の原因を「古代の星空を読み解く」p163では「格子間隔の不揃いとフリーハンドによる星座の描き方」として
     星図に原因をおしつけているが、他2者の偏差の計算値が一致しているので、データの読み取りや計算法に問題があるのは明らか。「中国の星座の歴史」にはデータも掲載されているので比較されてみてはと考える。

     また以下図より分かるように距星が宿経線の真上には記されていないが、これは大崎正次 「中国の星座の歴史」(雄山閣,1987) p.268で以下のように説明している。
    『月進図では、二十八宿の距星は、それぞれの宿の経線より太い初度の経線の上には決して記さず、その線の右か左か半度離れたところにに距星の位置を示すという、なかなか気をつかった心にくい表現法をとっている・・・』
    結局距星の赤経は『格子月進図』に記載されている宿広度と同じである。
     なお本HPの『格子月進図』のデータは国立天文台保管の写真図の複写から読み取りを行い、全体で1475星余りの位置データを読み取った。これらの読み取ったデータと同定をもとに最小二乗法で計算した推定年代を含む古代星図の年代推定は数学史研究で『最小二乗法による古代星図の年代推定』として発表予定。
     
     また『格子月進図』は平安時代に安倍泰世により作られたものと説明されている場合があるが、『格子月進図』の後書きには「以家本寫之 散位従四位下安倍朝臣泰世」(家本を以て之を写す)とあり、「作った」とするのは単純に誤った説明である。安倍泰世は後書きにあるように家に所蔵の原本を写しただけである。

      【房宿から尾宿付近】


      【角宿から心宿の距星】

      【尾宿から女宿の距星】

      【虚宿から壁宿の距星】

      【婁宿から井宿の距星】

      【鬼宿から軫宿の距星】


出典:平凡社 別冊太陽 1991春号「占いとまじない」p.38より
   (この雑誌に掲載されている写真には圭宿付近の写真図が欠けている。国立天文台蔵の原紙では圭宿も鮮明である。)


2019/01/14 計算結果比較を追記
2019/01/12 距星図等を追記
2018/12/25 Up
Copyright(C) 2018 Shinobu Takesako
All rights reserved