発表論文等


 発表済/予定の論文等のリストです。

【発表論文等リスト】 
 題名 掲載文献発行年 内容/備考
 元嘉暦法による7世紀の日食計算とその検証  数学史研究 (203号) p.1-162009・元嘉暦法により月食計算が可能なことを示した
 儀鳳暦法による日食計算と日食記録の検証  数学史研究 (205号) p.1-292010 ・儀鳳暦法の計算法による朔日の違いを検討
 なお表に印刷ミスがあり206号p.54-56に訂正表あり
 大衍暦法による日食計算と進朔の検証  数学史研究 (208号) p.1-402011・日本暦法上の謎だった「大衍暦法の進朔限」を解明した
 宣明暦法による日食月食計算とその検証  数学史研究 (212号) p.1-442012・日本の宣明暦の日食計算も陽暦法だったことを解明した
 その陽暦法が江戸時代には伝わらなかったことも示した
 唐・日本における進朔に関する研究  科学研究費 研究成果報告書2013 研究代表者:細井浩志 研究協力者:竹迫忍
・中国の実施暦における進朔限の変動を解明した
 符天暦法の復元   数学史研究 (223号) p.1-33 2015・謎の暦法「符天暦」を復元し、実施暦への影響も解明した
 回回暦法による食計算法と星表について  数学史研究 (225号) p.1-482016・回回暦法による明代での日食の的中確率の推移を示した
 中国古代星図の年代推定の研究   数学史研究 (228号) p.1-212017・中国古代星図(月進図/敦煌図/天象図)の製作年代を推定
 「格子月進図」の原図製作はキトラより古い初唐と解明
 回回暦星表の同定とそのEpoch(元期)について   数学史研究 (229号)p.1-21 2018・回回暦星表のEpochとその元となった星表の年代を推定
 数値翻訳版のSanjufini Zij(arabe6040)の星表も掲載
 注:数学史研究は2018/03/30時点で228号まで国会図書館で複写請求できます。

【受賞】大衍暦法等の研究に対し日本数学史学会・桑原賞を受賞(2012/06)  


2018/03/30 更新
2017/12/23 備考等追記
2017/12/17 掲載
Copyright(C) 2017 Shinobu Takesako
All rights reserved