古代星図の年代推定


     
    1. はじめに

     
    2. 古代星図の年代推定

       不思議なことに,古代星図の年代推定とその系統の研究は行われていなかった。筆者はまず星座の形や星座名などにより年代推定を行い「中国古代星図の年代推定の研究」(2017)で発表した。 さらに,星図に描かれている星の位置の観測年代についての年代推定を行い「最小二乗法による古代星図の年代推定」(2019)で発表した。これらをもとに描いた星図の系統図が以下である。

       星図に描かれている星の位置の観測年代の推定からは,唐代に描かれた星図の原図をもとにすると考えられる『格子月進図』と『天象列次分野之図』の両方ともに400年頃の晋代に観測された星表で描かれていることが判明した。これにより,星の位置から星図の描かれた年代は推定できないことを示している。

       
      図1 中国古代星図系統図(濃いオレンジの星図が現存)

     
    3. キトラ天文図の原図の年代推定

       キトラ天文図が発見された後に原図の年代や観測地の推定が行われているが,古代星図の系統の研究も無しに行われたために,その成果は得られていない。星の位置を使った年代推定も行われたが研究者により結果が違った。それはキトラ天文図が装飾図なので原図のデータを保存していないためである。人為的デフォルメが行われている星図のデータを最小二乗法で計算してもまともな結果は得られない。計算者により「計算者が考える誤差の大きいデータ」を除くために結果が違う。

       しかし,上の『古代星図系統図』を見れば分かるように,唐代に描かれた星図は晋代に計測された星表で描かれているので,そもそも,観測データを調べてもそれを確認するに過ぎないのである。逆に,晋代以外の推定年代の場合,その推定は誤りである。観測場所もこの時代に星の観測ができる体制があるのは中国だけなので推定自体に意味がない。

       キトラ天文図には星座名が書かれていないので,他に原図を探る方法としては星座の形ぐらいしかないが,形もデフォルメされているので比較できる星座は少ない。その中ではっきり分かるのは以下の「翼宿」である。高松塚古墳星宿図の「翼宿」もキトラ天文図と同じと推定される。これを見れば,『古代星図系統図』と同様にキトラ天文図に近い星図は『格子月進図』であることは明らかである。

       
      図2 中国古代星図の「翼宿」の形の比較

     
    4. 天象列次分野之図の原図の年代推定

       キトラ天文図の論文を読むと,高句麗時代に造られた石刻天文図が原図と"信じられている"『天象列次天文図』をもとに高句麗の影響を論じているものが多いが,図2を見ると「翼宿」の形は全く違うことが分かる。『天象列次天文図』は図1の系統図にあるように宋代の星図に近いのである。

       実は『天象列次天文図』の天文学的検証はなにも行われていなかったのである。『天象列次天文図』(1392)には,星図の他にその由来と,晋書の天文数値が刻まれている。由来には「高句麗時代に天文図の石刻図があったが,中国から攻められたときに川に沈んだ。最近それを紙に印刻したものが献上されたので,それをもとに石刻図が造られた。」とある。この星図を数値的に解析しようとしても,間違いが多く,結局横に刻まれた晋書の値をもとに検討がされ,漢の時代の「石氏星経」をもとにした値とされてきた。したがって,星図を検証したわけではなく,晋書の値を検証したに過ぎない。

       「最小二乗法による古代星図の年代推定」(2019)で星図自体を検証した結果では下記表1のように,距星の赤経は漢代(-18±460年)と出たが,赤緯は472±182年,明るい星141星の赤緯で計算した結果は415±106年となった。この結果は,李氏朝鮮の星図作成者は原星図は古くないと考えて,晋書の赤経をもとに星図を描いたが,赤緯は原星図のまま写したということになる。赤緯も歳差で動くことを知らなかったのだろう。赤緯による年代推定の計算では原図の星図の星の測定は晋代であり,高句麗より古い時代なのに,それがわからない李氏朝鮮の星図作成者は,碑文にも記載の晋書の値で修正するという無駄な作業をしたことになる。その理由は,『天象列次天文図』の原星図は高句麗時代のものが突然現れたのではなく,高麗時代に改編を繰り返され作成され,天文観測に使われていたその時代の「最新星図」だったからである。『天象列次天文図』石刻図の制作に関わった権近の祖父権準の高麗時代の墓の石棺の蓋には二十八星宿が描かれているとされている(任正赫編『朝鮮古代中世科学技術史研究』(2014) p.359-360参照)ことからも,そのことは容易に推定できる。

       渋川春海も『天象列次分野之図』を使い観測をし星表や星図を作ったとされてきたが,「渋川春海の星図の研究」(2018) で発表したように,春海はこの星図が観測に使えないほど誤差や誤りが多いことを早々に認識し,中国本土の星図(明/宋)や星表(元)を入手し,これをもとに観測し,星表や星図を作成した。渋川春海の作った星図を『天象列次天文図』系の星図と説明している論文もあるが,誤りである。『天文瓊統』の星図や星表は中国本土の星図星表をベースにしたものである。例えば『天象列次分野之図』には図3のように明るい28宿の一つである星宿(星座)であるにもかかわらず,距星を取り違えて星座ごと全体が移動しているものもある。この図からも分かるように他の星の位置も不正確なので観測に使えない。

       したがって,『天象列次分野之図』をキトラ天文図の原図と推定する時点で,星図が研究されていないのはあきらかなのである。石刻天文図はもともと文字通り広告塔として建てられるもので,文献批判による検証が必要であるが,そのままま信じられている。
       

      図3 『天象列次分野之図』の取り違えた距星
          灰色の星:『天象列次分野之図』 赤色の星:現代の星表による星の位置

     
    5. 星図の最小2乗法による年代推定

       大崎正次「中国の星座の歴史」(1987)p.256-282は『格子月進図』の赤緯による年代推定を行い28星距星で319±58年(残差1.22°),163星で481±38年(残差1.84°)としている。ただし,赤緯を読む時に赤道の1°を除いているので結果が若干振れている。

       中村士「古代の星空を読み解く」(2018)で年代推定を行っているが,『天象列次天文図』はやはり碑文にある数値をもとにした推定で参考にならない。またその結果からp.102で,「「石氏星経」より古い二十八宿の位置データは知られていないことを考慮すれば,キトラ星図も「天象列次分野之図」も実質的には,「石氏星経」が元になっていると結論づけて良いと思う。」としているが,これは,上記説明したように星図自体を検証していないことによる誤りである。星図製作者の思いの通りである。
       また『格子月進図』については,年代推定に使えた星の数距星の28個のうちの21個だった(p.163)としており,これから得られた解析結果には何の意味もない。大崎正次(2018)p.274には28宿の赤経赤緯も明記されており,読めなかったという理由が全く不明である。『格子月進図』については,『格子月進図』の星位置データの読み取りについてで写真を載せているように,読めない理由は無い。またその不完全なデータで計算した結論をもとに,「「格子月進図」はその外見に反して内容的にはキトラ星図のレベルと大差無いことが判明したことになる」(p.163)としているのは,全く理解できない。「最小二乗法による古代星図の年代推定」の発表についてに掲載した,以下の星図や星表の解析結果をみても『格子月進図』(残差が赤経の0.76°,緯度の1.21°)は『蘇州天文図』(淳祐石刻天文図)(残差が赤経の2.16°,緯度の2.39°)より良い値を示しており,『キトラ天文図』(残差が赤経の2.99°,緯度の5.58°)と比べるまでもない。中村士「古代の星空を読み解く」(2018)の『格子月進図』の解析が誤りであることは,大崎正次「中国の星座の歴史」(1987)の28宿の赤緯の残差1.22°と筆者の結果である残差1.21°はほぼ同じであることからも明らかである。これは宋代の星図より良い。この残差を2.1°(p.163)としており,読み取りに問題があることは明白である。5°を越える残差のキトラ天文図は星図として比較するレベルにない。

      その他の中村士著「古代の星空を読み解く」へのコメントをここに掲載しておく。
         中村士著「古代の星空を読み解く」へのコメント

       
         表1 星図星表の観測年の推定(色塗りの箇所はAD400年頃の測定と考えられる)

     
    5. まとめ

      古代星図の年代推定とその系統的研究も行われていなかった。

     



    2021/03/18 掲載
    Copyright(C) 2021 Shinobu Takesako
    All rights reserved